為替を分析して取引を有利に行う FXシステムトレードのすすめ

FXなら

FX基礎知識

為替を分析して取引を有利に行う

取引の指標となるファンダメンタル分析と
テクニカル分析についてお話します。

ややこしそうな名前ですが、簡単に説明しますので
気楽に聞いてください。

ファンダメンタル分析とは、経済指標や事故や災害、政治家などの
発言を受けて相場観をはじきだす方法です。

反対にテクニカル分析は、数学的に計算したデータを
基に今後の方向性を分析する方法です。


一般的にどちらか片方に偏って分析されることが多く
お互いを事実に基づかないオカルト投資だといいあう
事が多いようです。


私も、どちらか片方だけを偏重して取引するのは
事実に基づかないオカルト的な取引だと思います。

片方だけでも稼げますが、やはり両方をあわせて
相場観を考えるほうが勝率があがると思います。


どちらも得手不得手があります。

ファンダメンタルでは上げ下げを繰り返すレンジ相場などの
方向性の定まらない相場には向きませんし、
テクニカルでは、テクニカルの中でさらに大きく2つに別れ、方向性を追う
トレンド系と売られすぎ買われすぎといった視点から
予想するオシレータ系と呼ばれるものがあります。

これも一長一短で相場によって、使う指標を変えないと
いけなくなります。

表示自体はいくつも組み合わせて見る事ができるため
2-3個同時に組み合わせて見ることになります。


取引の期間や状況によっては違いますが、
基本的にどちらも指標を確認しながら、
両方が同じ上げ(下げ)相場を示した時に
取引を行うとほぼ間違いなく稼ぐことができます。


反対に方向性の定まらない相場(レンジ相場)
などでは、初心者は基本的に手をださない方が
リスクを軽減できます。


では、それぞれの指標の中身を簡単に説明します。

ファンダメンタルでは、主にその国々で出される
貿易収支や失業率などの経済指標や金融
関連の外務長官などの方針決定者の
発言を受けて上げ下げします。

また、金利の増減などによっても影響がでます。

その時の相場の状況にもよりますが、1日で5円程度
一気に動くこともあるため、重要な指標が出る場合は
テクニカル分析を重視する方も確認することをおすすめします。

予想値と実際の値を見比べてみるだけで値動きの参考になります。



テクニカル分析には、様々な手法があります。
過去のデータを基に状況を見る移動平均線や、
平均からの乖離を基に売られすぎ買われすぎを
判断するMACDやスローストキャストなどがあります。

テクニカル分析は個人の好みによるところが
大きいため、どの分析が一番だとは言いがたいですが、
参考までに私は、MACDとスローストキャストの組み合わせを
よく使っています。
この2つで同じ指標が出ればほぼ、外れは無いため
ファンダメンタルで大きく注目されるものが無い場合
取引の基準にしています。


ファンダメンタルの重要性をお伝えしましたが、
最終的にはファンダメンタルでプロには敵いません。
情報量に圧倒的な差が出るためです。


基本はテクニカル分析で、大きな指標についてはファンダメンタルを
気にするという程度で覚えておいてください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。