FXシステムトレードとは FXシステムトレードのすすめ

FXなら

FXシステムトレードとは

FXの現状について

FX(外国為替他拠金取引)において
相場の中心になるのは、ドル(アメリカドル)とユーロです。

日本の場合、円と他の為替レートの元になると
言う意味もありますが、過去ポンドが市場で
大きな位置を占めていたころと違い、全体の動向として
外国為替相場の実需をしめるのはドルとユーロに推移しています。

為替は郵便為替や定額小為替などの流通や貯蓄に
かんするものまで多岐にわたるため、世界的に
流通しているものが当然主要取引通貨となります。

最近の仲介業者のサービスでは、ニュージーランドドル(NZドル)や
オーストラリアドル(豪ドル)に始まり、香港ドル、中国元(人民元)、
南アフリカランド、ウォンなど為替で取引できる通貨は増えてきています。
FXの特徴である24時間取引できるため、東京外国為替市場の
開場時間にとらわれることなく、情報収集しながら取引できるため
見やすいチャートを扱う仲介業者と、手数料の安いもの(TTS・TTB)を
組み合わせて取引することが、成功の秘訣です。

初心者向けで、過去からリアルタイムまでのチャートから変動幅の
見易さで定評がある外為ドットコム(どっとこむ)などは根強い人気があります。

また、ここで紹介している為替予想に役立つシステムトレードも需要が
増えてきました。

是非、自身の取引分析と自動化のためにも挑戦してみてください。

FXシステムトレードとは

今なぜFXはシステムトレードが注目されるのか

貴方が既にFX取り引きを開始もしくは、バーチャルで取り引きを

行っているならお気づきかも知れませんが、

一昔前に比べてレンジ相場にはまり込む期間は長くなっている

のに対し、レンジの幅は小さくなって来ている事にお気づきでしょう。




大物トレーダーの中では

「FXはシステムトレードのせいで大きく稼げなくなった」

と言われるほど、システムトレードの影響は強くなりました。



通常感情によって影響を受けやすい取り引きでは、3−5円幅でレンジ相場

が短い期間行ったりきたりすることが多いのですが、完全に感情を

廃したシステムトレードでは、1円前後の値動きがあれば十分利益が

出るため、相場全体の値動きとしては重くなったというのは

異論の無いところでしょう。


反対に、FXシステムトレードが活発になったことで、通常の

取り引きでは儲けが取りづらくなったため、レンジ相場はシステムに

任せ、レンジを出たところで大きく利ザヤを稼ぐための情報収集

すると言うのが、最近のトレーダーの流行になってきています。



ただ、いま市場に出回っているFXのシステムトレードは大きく

3つに分かれています。



1.全般的に勝率を重視し、トータルで勝つことに重点を置いたもの

2.特定の相場で大きく利ザヤを稼ぎ、通常はスワップを稼ぐもの

3.上の2つを組み合わせたもの


1.のトレードでは少ない資金で運用できますが、稼ぎが少なくなります。

反対に2.では儲けは大きくなりますが複利でトレードを行う場合は

レバレッジを低めに持つか、一時的に追徴を入れる余裕が必要になります。

3.については、レバレッジをあまり大きくしなければ特に問題は

発生しません。



どれも一長一短ですので、トレードの見直しを出来る頻度や

資金量にあわせて選ぶのが望ましいでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。